2011春」カテゴリーアーカイブ

大谷泰照他(2010)「EUの言語教育政策―日本の外国語教育への示唆」くろしお出版

 この本は、EU加盟国27カ国中、21カ国それぞれの言語教育政策についてまとめた … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 大谷泰照他(2010)「EUの言語教育政策―日本の外国語教育への示唆」くろしお出版 はコメントを受け付けていません。

佐々木倫子ほか編(2007)「変貌する言語教育:多言語・多文化社会のリテラシーズとは何か」くろしお出版

本書は、「多言語・多文化社会」と言語教育、とりわけ日本語教育について、「リテラシ … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 佐々木倫子ほか編(2007)「変貌する言語教育:多言語・多文化社会のリテラシーズとは何か」くろしお出版 はコメントを受け付けていません。

木村護郎クリストフ/渡辺克義編 「媒介言語論を学ぶ人のために」(2009)世界思想社

媒介言語論とは、「異言語話者間の言語的な媒介のさまざまな形態を理論的・実証的に研 … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 木村護郎クリストフ/渡辺克義編 「媒介言語論を学ぶ人のために」(2009)世界思想社 はコメントを受け付けていません。

加賀野井秀一(2006)「日本語を叱る」ちくま新書

本書は、現代の日本語を様々な立場から批判している。批判対象は、カタカナ語や漢語、 … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 加賀野井秀一(2006)「日本語を叱る」ちくま新書 はコメントを受け付けていません。

小坂井敏晶(1996)『異文化受容のパラドックス』朝日新聞社

本書は明治以降の日本の「西洋化」を異文化受容の一形態として、社会心理学の立場から … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 小坂井敏晶(1996)『異文化受容のパラドックス』朝日新聞社 はコメントを受け付けていません。

佐久間孝正(2011)『外国人の子どもの教育問題』勁草書房

本書はⅡ部構成となっており、Ⅱ部の文部科学省「定住外国人の子どもの教育等に関する … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 佐久間孝正(2011)『外国人の子どもの教育問題』勁草書房 はコメントを受け付けていません。

岡本夏木(1985)『ことばと発達』岩波新書

岡本夏木『ことばと発達』(1985/岩波新書) 【内容】 子どもの発達過程のある … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 岡本夏木(1985)『ことばと発達』岩波新書 はコメントを受け付けていません。

ジョージ・サーサス(1998)『会話分析の手法( Conversation Analysis )』マルジュ社

 「会話分析」について説明する本です。  会話分析、相互行為の中のトークの研究は … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | ジョージ・サーサス(1998)『会話分析の手法( Conversation Analysis )』マルジュ社 はコメントを受け付けていません。

山本雅代 (1996) 『バイリンガルはどのようにして言語を習得するのか』 明石書店

本書は「バイリンガルの頭の中は、一体どんな具合になっているのだろうか」という問い … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | 山本雅代 (1996) 『バイリンガルはどのようにして言語を習得するのか』 明石書店 はコメントを受け付けていません。

Bob Pike(2004)『創意的教授法(Creative Training Techniques Hand Book)』キムヨンサ

この本の著者Bob Pikeさんは、HRD(Human Resources De … 続きを読む

カテゴリー: 2011春, 文献紹介 | Bob Pike(2004)『創意的教授法(Creative Training Techniques Hand Book)』キムヨンサ はコメントを受け付けていません。