当研究会について

平高研究会は、火曜日5限・金曜日5限(16:30-18:00)に、λ407にて活動しています。
また、活動についてWebサイトとFacebookページにて情報を発信しています。
学年問わず仲が良く、わからないことがあれば先輩方が丁寧に教えてくれるのでとても居心地の良いアットホームな研究会です。留学生が所属していたり、学生全員が多言語に興味があるので、毎回言語に関して新しい発見ができます。
平高先生はドイツ語を専門としていますが、多言語を学ぶ意義について深く考えており、私たちの疑問に対して、的確なアドバイスをくださいます。
木村護郎クリストフ先生の『節英のすすめ』という本を研究会のメンバーで輪読しています。また、日本語教育、移民、多言語・多文化等各テーマに沿ったグループワークやディスカッションも行っています。
私達の活動はキャンパス内だけにとどまりません。一昨年の夏は京都、昨年の冬は仙台へ行ってきました。また定期的に異文化を学べるような場所へと日々、繰り出しています。(2017年 春)

(写真は2016年11月ORF 東京ミッドタウンにて)